手軽で便利なミニのぼりの使い道

販促ツールにもいろいろありますが、やはり多くのお客様の注目を引くことが大切です。そんな時には屋外ではためくのぼりもいいなと思うかもしれませんが、設置するには大きすぎるという場合もあるでしょう。ミニサイズのタイプも作れるところが多いので、こちらを使えばそれほど場所を取りすぎるという事もないので便利です。レジの上に置いてみるのもいいですし、他の卓上、陳列棚の上にも気軽に置けるサイズですから、幾つか作っておくと注目してもらいやすいです。今人気がある売れ筋の商品やCDや書籍などの作品があるというようにおすすめの品物を分かりやすく伝えるためにも使えます。面白い用途としては、マークやキャラクターなどを印刷してノベルティとして配布したりする事もあるので、活用できる用途は幅広いです。

どれぐらいのサイズで製作するのか

ミニのぼりと言っても、あまり大きさのイメージが湧かないという方もいるのではないでしょうか。一般的には卓上に置けるぐらいと思えばいいのですが、生地の幅は9~10cmぐらい、高さは大きくても30cmぐらいのものが殆どです。部材を取り付けると40~50cm程度の高さになります。また、部材は小さい分だけ専用のものを使うことになる業者が多いため、数量によっては見積もりや作業に時間がかかる事もあるので注意しましょう。部材自体も、立てるタイプもあればクリップで留められるような使うシーンも商品やサービスによって工夫次第でいろんな場所に使えます。業者を見比べながら、少量欲しいのかそれとも大量に作っておきたいのかで使い分ければ、さらに便利に販促ツールとして活用できます。

製作する時に注意しておきたい事

ミニのぼりで使われる生地は一般的にはポンジと呼ばれるもので、コストパフォーマンスに優れています。他にも、遮光タイプで両面印刷ができたりするような生地もあります。製作したいと思っている時に注意したいのが文字の大きさです。いろんなことを伝えたいと思って文章なども入れることがあるかもしれませんが、あまりに細かすぎるとそもそものサイズが小さいため、せっかくの文章がぎゅっと潰れたように見えてしまう場合があるので注意しましょう。それ以外にも、返品やキャンセルなどの対応がどうなっているのか、これは予め発注前に確認しておくと万が一のことがあった時にも相談がしやすいです。いろんなシーンで使える便利なのぼりだからこそ、作る前に入念なチェックをする事が大切になります。

販促ツールを「必要な時に必要な数」のご注文が可能。 多くのお客様から、「速い」「親切」「便利」とのご好評をいただいております。 オーダーメイドPOPで限られたスペースでお客様の視線を集め、効率よく商品をアピール。 無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。 イニシャルコストを徹底的に省いた独自の自社生産方式により、業界屈指の低価格を実現! ミニサイズののぼりなら安くて早い販促モア!