ミニのぼりの作成方法を紹介します

効果的な販促ツールの一つとして小さなタイプのミニのぼりもありますが、小さいと作り方も変わってくるのだろうかと不安になる事もあるかもしれません。けれども通常のサイズのものと作り方は殆ど変わりませんので安心していて下さい。業者毎に製作ガイドなどはありますが、印刷する元になるデータを製作し、それを提出してしまえば後は納期を待つだけです。他にも考えておかなくてはいけない事は、生地は推奨されているスタンダードなものを使うのか、それとも違うものを使うのかということや、支柱などの部材を何にするかという事もあります。それによって必要な工程なども変わってきますから、どのようなシーンで使うものを作るのかを予めよく検討したうえで製作を進めていくといいでしょう。

製作前には手順や流れを確認しよう

綺麗にミニのぼりを仕上げようと思ったら、やはり利用する前に業者毎で用意しているガイドや手順を見ておきましょう。印刷するデータは自分たちで用意しなくてはいけないですから、テンプレートがあれば必ずそれを使いましょう。どこまで印刷をしてくれるのか、文字の大きさはどこまで印刷可能なのか、細かい部分も見ておくことで出来上がったものの視認性などもよくなります。場合によってはデザインサンプルから手軽に選んで作ったりすることも出来る業者もありますし、デザインはプロに頼んで製作してもらうという方法が使える事もありますので、やりやすい方で作業を進めて下さい。納期などは通常のサイズと違う場合もありますので、必要な時に間に合わせてもらえるように作っていくことが大切です。

より満足度の高い仕上がりにするために

小さくとも綺麗なミニのぼりを作るのであれば、製作時に詳細にチェックをしていく事は重要です。モニターと仕上がりの色が違ったりすることもよくありますし、文字が潰れたりするようなこともないわけではありません。テンプレートがあれば利用はほぼ必須ですし、保存するファイル形式などもしっかりとチェックしておかないと印刷してもらえない事もあります。作業中に分からないことがあれば利用する業者に問い合わせをしてから製作を進めていくことも重要です。また、のぼりを作る時には生地選びや取り付ける部材をどれにするかでも全体的なイメージが変わってきます。どこに置くのか、誰に見てもらいたいのかを考えながらデザインをしていきましょう。作りこめば、ミニサイズであっても存在感は抜群です。