目立つミニのぼりにはこんなタイプがあります

可愛らしいミニサイズののぼりもいろんなところで見かけるようになりましたが、設置する場所によって使い分けるようにすればさらに販促効果に使うシーンが増えていきます。スタンダードなものとしては、一般のサイズと同じように置いて使えるスタンドタイプです。小さいので、レジの周辺やテーブルなど、狭いスペースでも置けるのが魅力です。それ以外にも、台座をつけているのではなくてクリップで挟みこむようなタイプもありますから、置く場所はなくてもつまめるような形になっているところにも使えるので、上手に使い分けて下さい。吸盤を使っているタイプもあるので、つまむ場所もないけれども何とかしたいという時には、こちらを使えばいいでしょう。場所に合わせていろんなタイプがあるので安心して使えます。

生地部分にも着目して製作したい

ミニのぼりはそれほど大きなスペースを必要としないのも良い点ですが、製作の際には印刷する生地についてもよく検討してみる事をおすすめします。基本的には多くの業者でテトロンポンジという手に入りやすく軽量で、それでいて印刷も綺麗に仕上がる生地を使っています。透けによる表現も可能にしているので、定番の手頃な生地とも言えるでしょう。他の生地を選べたりする事もありますし、使う場所のことを考えて防炎加工が可能な場合もありますので、必要に応じてこだわっておくといいのではないでしょうか。そして、生地の色自体は白色なので、印刷データを作る時には使う色がどのようになるのかをよく確認しておく事も綺麗に仕上げるポイントです。単色やフルカラーなど、デザインする時にも考えてから製作しましょう。

どれぐらいの大きさのものがあるのか

屋外などで使うような一般サイズは使いにくくても、室内で手軽に使えるミニのぼりはどれぐらいの大きさになるのか気になるのではないでしょうか。大きくても幅10cm高さ30~40cmぐらいのものが多いのですが、それより小さいサイズで製作してくれる業者もあります。どれぐらいの広さのスペースで使うものなのか、使う予定の場所の広さは事前に計測しておきましょう。小さいサイズになるので、どのような内容を印刷するのかはじっくり考えましょう。大きいサイズのデータをそのまま使うのもいいのですが、場合によっては文字がつぶれたりはみ出したりする事もありますので、テンプレートも活用しながら上手く収まるように作りましょう。手頃に作れて設置も簡単なミニサイズののぼりもどんどん活躍させて下さい。